市場ニュース

戻る
2016年03月11日11時58分

【材料】オリックスは経営が高度化し基礎的収益力が高まる、SMBC日興証券(花田浩菜)

オリックス 【日足】
多機能チャートへ
オリックス 【日中足】


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。


SMBC日興証券では、総合金融サービスを手掛けるオリックス<8591>の投資評価を「2(中立)」から「1(アウトパフォーム)」に引き上げていますね。マイナス金利がどのように影響するのか注目です。


レポートでは『オリックスの基礎的収益力は着実に高まっており、今後は空港、太陽光、不動産の業績貢献が期待できる。マイナス金利の世界に入った今こそ、既に伝統的な金融事業から脱却した同社に注目したい』としています。


さらに、『18/3期までを展望すると、同社のROAは2%を超えると予想され、金融サービスセクターを代表する「高収益企業」と弊社は評価している。』ということです。


一方でリスクとして、『(1)資金調達環境の大幅な悪化、(2)経済・金融環境の大幅な悪化、(3)マネジメント層の大幅な変更、(4)組織の肥大化と官僚化』とのこと。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。


花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均