市場ニュース

戻る
2016年03月10日18時46分

【テク】日経平均テクニカル:4日ぶりに反発も、自律反発の域


10日の日経平均は4日ぶり反発。25日線が支持線として機能する格好から反発をみせ、自律反発の範囲内である5日線の攻防に。ボリンジャーバンドでは中心値(25日)と+1σとのレンジ。一目均衡表では転換線が支持線として機能する格好からのリバウンドをみせている。直近のリバウンドのレンジ内ではあるが、雲下限が切り上がっている水準でもあり、これを試す流れが意識されやすい。また、遅行スパンは2月の戻り高値水準を通過してきており、来週にも上方転換シグナルを発生させてくる可能性が高まった。MACDは陽転シグナルが継続しているが、MACDに続いて、シグナルもプラス圏を回復しつつあり、リバウンド基調が本格化してくる可能性がある。週間ベースの一目均衡表では転換線をクリア、13週線のほか基準線を意識したリバウンドが期待されてくる。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均