市場ニュース

戻る
2016年03月10日18時37分

【材料】日本アジア投資---奈良に30.0MW同社最大案件のメガソーラー発電所を建設開始

アジア投資 【日足】
多機能チャートへ
アジア投資 【日中足】


日本アジア投資<8518>は10日、リニューアブル・ジャパン(株)との協業により、奈良県吉野町にメガソーラー発電所の建設を開始したと発表。

最大予想出力は30.0MWとなり、同社の最大案件となる。同社は「インカムゲイン志向型投資」を新たな収益の柱とし、メガソーラー発電事業への投資を積極的に手掛けている。2016年2月に設立した「RJAエナジー投資事業有限責任組合」の組入も含めた事業規模拡大により、2018年3月までに100MW規模のメガソーラープロジェクトで売電を開始し、年間5億5千万円程度の利益を獲得することを目指す。現時点では、企画中の案件も含めて、合計89.1MWのプロジェクトを推進している。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均