市場ニュース

戻る
2016年03月10日17時12分

【為替】外為サマリー:1ドル113円60銭前後で推移、欧州時間に入り上げ一服

 10日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=113円58銭前後と、前日午後5時時点に比べ1円強の大幅なドル高・円安で推移している。

 ドル円相場は、欧州時間に入り上げ一服商状。午後1時過ぎに113円80銭をつけたあとは上値が重くなっている。今晩に開かれる欧州中央銀行(ECB)理事会を前に模様眺めムードが広がりやすいほか、上海総合株価指数が一段安で取引を終えたことが影響しているようだ。

 ユーロは対円で1ユーロ=124円56銭前後とユーロ高・円安。対ドルでは1ユーロ=1.0967ドル前後とユーロ安・ドル高で推移している。



出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均