市場ニュース

戻る
2016年03月10日11時36分

【材料】良品計画に逆中国リスク、SMBC日興証券(花田浩菜)

良品計画 【日足】
多機能チャートへ
良品計画 【日中足】


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。


私も良く行く無印良品を展開する良品計画<7453>のレポートが出ています。中国事業が好調である故のリスクとは。。考えさせられますね。


SMBC日興証券では『弊社業績予想を減額。主因は海外事業で、16/2期2Q以降確認された緩やかな東アジアの収益性拡大および円高転換による海外利益の換算上の目減りを反映した』として、目標株価を25,500円から25,000円に引き下げています(投資評価は「2」を継続)。


一方で『良品計画の中国事業は現時点でも既存店売上が YoY2 桁増を維持し、変調は起きていないと弊社は考えている。シンプルなデザインと素材を生かし、ユニバーサルなコンセプトを基軸とした商品展開を行うがゆえに商品アイテム数は多く、オペレーションの煩雑さを伴うため参入障壁を高め、ずばりの競合を持たない』と高い評価です。


だけど、『仮に中国での消費の変調によりアパレル市場で過剰在庫が発生すれば、同社の中国事業への影響も皆無ではないと弊社は考える。まだ変調が起きていないゆえにリスクが残る』とのこと。良いが故のリストという点が、なぜか新鮮でした。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。


花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。


フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均