市場ニュース

戻る
2016年03月09日15時58分

【市況】東京株式(大引け)=140円安、リスク回避ムード再燃で続落

日経平均 日足チャート 「株探」多機能チャートより
 9日の東京株式市場はリスク回避ムードが再燃し、日経平均株価は取引時間中としては3月2日以来となる1万6500円台割れの場面もあった。後場後半は先物を絡めて下げ渋る展開となった。

 大引けの日経平均株価は前日比140円95銭安の1万6642円20銭と3日続落。東証1部の売買高概算は22億4920万株、売買代金概算は2兆2806億1000万円。値上がり銘柄数は372、対して値下がり銘柄数は1477、変わらずは94銘柄だった。

 きょうの東京市場は、前日の欧米株市場が総じて軟調だったことに加え、原油先物価格の反落、為替も引き続き円が強い動きをみせたことなどが嫌気されて下値模索の動きを強いられた。10日のECB理事会の結果を見極めたいとの思惑も買い手控え要因に。また、取引時間中は中国・上海株が軟調に推移したことが投資家心理にネガティブに作用し、ロールオーバーの進捗が観測される中も週末のメジャーSQを前にボラティリティが高まることへの警戒感も上値を押さえた。円高を嫌気して自動車など輸出株が売られたほか、鉄鋼、海運、非鉄などの市況関連株への売りが目立ち、銀行セクターも下値を探る動きが目立った。

 個別では、三井住友フィナンシャルグループ<8316>などメガバンクが軟調、ファーストリテイリング<9983>も下落した。JAL<9201>、住友金属鉱山<5713>も安い。マネーパートナーズグループ<8732>は一時値幅制限いっぱいに売られ、クミアイ化学工業<4996>、東邦亜鉛<5707>も大幅安。

 半面、NTT<9432>が商い高水準で上昇、ソニー<6758>も堅調。セブン&アイ・ホールディングス<3382>も買われた。アイロムグループ<2372>が急伸、東京製綱<5981>、enish<3667>なども値を飛ばした。ワコム<6727>が物色人気となり、テクノプロ・ホールディングス<6028>も高い。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均