市場ニュース

戻る
2016年03月09日15時21分

【材料】テクノメディカが下方修正、採血管準備装置の使用が納入後10カ年以上続く傾向で売上高未達

テクノメデカ 【日足】
多機能チャートへ
テクノメデカ 【日中足】

 採血管準備装置・消耗品を手掛けるテクノメディカ<6678>は9日引け後、16年3月期非連結業績予想の下方修正を発表した。売上高は従来予想の108億300万円から87億1400万円(前期比8.5%減)へ、営業利益は25億1100万円から16億円(同31%減)へ引き下げられた。

 採血管準備装置は、その利便性から装置の更新は必ず起こるものの、保守・修理の頻度を多くしながらも継続して装置を使い続ける傾向が、納入後10カ年以上に限らず、強くなっている状況が当面続くことが見込まれることから売上高予想を下方修正。売上高の未達により、営業利益の予想も引き下げた。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均