市場ニュース

戻る
2016年03月09日09時27分

【市況】日経平均は157円安でスタート、世界景気の減速懸念や原油下落を受けた海外株安を嫌気/寄り付き概況


日経平均 : 16625.59 (-157.56)
TOPIX  : 1334.89 (-12.83)

[寄り付き概況]

 日経平均は続落で始まった。8日の米国市場は、NYダウが6営業日ぶりに反落となった。世界景気の減速懸念のほか、原油先物相場の下落が嫌気された格好。この流れを受けてシカゴ日経225先物清算値は大阪比125円安の16675円だったが、これにさや寄せする格好から始まっている。

 セクターでは原油安の下げが嫌気される格好から、海運、鉄鋼、非鉄金属、鉱業など資源関連が下落率上位に。一方でNTT<9432>、NTTドコモ<9437>、KDDI<9433>が堅調な展開となり、情報通信が上昇。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1500を超えており、全体の8割を占めている。規模別指数では大型、中型、小型株指数いずれも2ケタの下げ。

 売買代金上位では、トヨタ自<7203>、メガバンク3行、ファナック<6954>、三井物産<8031>、ソニー<6758>、アステラス薬<4503>、ファーストリテ<9983>が冴えない。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均