市場ニュース

戻る
2016年03月08日16時35分

【特集】ダイナック Research Memo(10):16/12月期は2円増配の12円配の予定


■株主還元

ダイナック<2675>は、株主還元について、配当による還元を基本とし、安定配当と将来に向けた内部留保の充実のバランスを取って配当を行うとしている。当期利益が赤字に転落した場合でも無配転落を回避し、ここ数年は1株当たり10円の配当を行っている。2015年12月期についても、事前予想どおり、前期比横ばいの10円配(中間配5円、期末配5円)を実施した。

2016年12月期については、2円増配の12円配(中間配6円、期末配6円)を公表している。前期まで業績が順調に拡大し、将来の持続的成長に対して自信度が深まったことや、財務状況が充実してきたことが増配に踏み切った理由と考えられる。増配をしても予想配当性向は20%を下回る見通しとなっており、将来的に、利益の拡大に応じた一段の増配も十分期待できよう。

配当に加えて同社では、株主優待制度も実施しており、所有株式数に応じて食事券、もしくはお米(コシヒカリ)を株主に贈呈している。最低投資単位である100株を保有している場合、株主優待として1,000円の食事券2枚(2,000円相当)もしくはコシヒカリ2kgが贈呈されることになる。株主優待の内容も前期から変更はない。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均