市場ニュース

戻る
2016年03月07日17時14分

【為替】外為サマリー:1ドル113円70銭台で推移、欧州時間も動意薄続く

 7日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=113円70銭前後と、前週末午後5時時点に比べ20銭前後のドル安・円高で推移している。

 ドル円相場は欧州時間に入り動意薄の展開で、1ドル113円70銭前後を中心に一進一退の動き。日経平均株価が5日ぶりに反落したことなどを背景に、積極的なドル買いは手控えられている。市場の関心は10日に開催される欧州中央銀行(ECB)理事会などに移っており、相場の方向感が出にくくなっている。

 ユーロは対円で1ユーロ=124円70銭前後と前週末と同水準。対ドルでは1ユーロ=1.0968ドル前後とややユーロ高・ドル安で推移している。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均