市場ニュース

戻る
2016年03月07日13時25分

【材料】かんぽ生命保険、国内大手は日銀の追加金融緩和は事業にマイナスで悲観シナリオが顕在化と指摘

かんぽ生命 【日足】
多機能チャートへ
かんぽ生命 【日中足】

 かんぽ生命保険<7181>が6営業日ぶりに反落。特に今月に入ってからは買い戻しが優勢だったため、今日は利益確定目的の売りが出ているようだ。

 SMBC日興証券は、日銀の追加金融緩和は同社の事業にマイナスで、同証券の悲観シナリオが顕在化した格好だとリポートで指摘。これを受け、標準・楽観・悲観の業績シナリオを下方に修正、変更ポイントは、日本の長期金利の見通しの下方修正、キャピタルゲインの下方修正としている。

 同証券は、目標株価を4000円から2900円に引き下げ、投資評価は「1」(アウトパフォーム)を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均