市場ニュース

戻る
2016年03月07日11時52分

【材料】椿本チエイン、欧州大手証券は株価は各種リスクを織り込み売られすぎの水準に到達したとの見方

椿本チ 【日足】
多機能チャートへ
椿本チ 【日中足】

 椿本チエイン<6371>が続伸。堅調な株価展開となっている。

 クレディ・スイス証券では、株価は主力の自動車部品事業における利益率の悪化懸念、マネジメントに対する不信感、マテハン事業の減速リスクなど各種リスクを織り込み、売られすぎの水準に到達したと指摘。新製品投入効果や固定費削減策、低い為替感応度などを加味すると、中期経営計画最終年度の来期業績も堅調を持続可能と考え、割安なバリュエーションと高配当利回りも魅力と評価。

 レーティングを「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に引き上げ、目標株価は1000円から850円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均