市場ニュース

戻る
2016年03月07日10時21分

【材料】アルプス電気が反落、国内大手は「同社だけは他の部品メーカーと異なる」とは言えないと指摘

アルプス 【日足】
多機能チャートへ
アルプス 【日中足】

 アルプス電気<6770>が4営業日ぶりに反落。今日は、SMBC日興証券が同社の投資評価と目標株価をそれぞれ引き下げるとのリポートが確認されている。

 同証券はリポートで、従来はスマートフォンカメラ用アクチュエータの成長性を評価してきたが、ハイエンドスマートフォン生産数量の減速により増収増益幅が縮小と解説。為替レート次第では17年3月期は減益になる可能性が出てきており、「同社だけは他の部品メーカーと異なる」とは言えなくなってきたと指摘している。

 投資評価を「1」(アウトパフォーム)から「2」(中立)へ格下げし、目標株価を3000円から2200円へ引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均