市場ニュース

戻る
2016年03月07日09時12分

【材料】パソナが4連騰、派遣料引き上げの動きが株高後押し

パソナG 【日足】
多機能チャートへ
パソナG 【日中足】

 パソナグループ<2168>は買い先行でスタート、前週後半に5日・25日移動平均線のゴールデンクロス示現から一気に上値追いを加速させている。労働市場の需要は引き続き旺盛であり、企業の求人需要の増勢を背景に人材ビジネスを手掛ける企業の派遣料引き上げの動きが顕在化している。パソナグループなど派遣大手は来年度に3年連続となる値上げ(上げ幅は2~5%)を要請する動きが伝わっており、これが株価を強く刺激する格好となった。

 安倍政権は「一億総活躍社会」を掲げ、高齢者や女性の活用を後押ししているほか、慢性的な人材不足に対応し、外国人の活用に前向きに取り組める環境を整備する構えもみせている。しかし、現状は労働時間や労働規制などのハードルも高く、有効求人倍率は今後もバブル期並みの高値推移が予想され、つれて派遣社員などの賃金上昇傾向も続きそうだ。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均