市場ニュース

戻る
2016年03月05日09時39分

【市況】4日のNY市場は上昇


NYDOW  : 17006.77 (+62.87)
NASDAQ  : 4717.02 (+9.60)
CME225  : 17030 (+30(大証比))

[NY市場データ]

 4日のNY市場は上昇。ダウ平均は62.87ドル高の17006.77、ナスダックは9.60ポイント高の4717.02で取引を終了した。2月雇用統計で非農業部門雇用者数が24万2000人増と予想を大幅に上回ったほか、失業率も前月比横ばいの4.9%と好調な内容となった。堅調な米国の雇用情勢が好感される一方で、追加利上げへの警戒感から、朝方は揉み合う展開となった。しかしながら、平均時給が下落したことで3月の利上げは困難との見方が優勢となり上昇に転じた。堅調な原油相場も支援材料となった。一時上げ幅を縮小する場面もあったが、引けにかけて再び上昇した。セクター別では、テクノロジー・ハード・機器や素材が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや医薬品・バイオテクノロジーが下落した。
 シカゴ日経225先物清算値は大証比30円高の17030円。ADRの日本株は、三菱UFJ<8306>、野村<8604>、三井住友<8316>が軟調。反面、オリックス<8591>、三菱商事<8058>、エーザイ<4523>が堅調など、対東証比較(1ドル113.74円換算)で高安まちまち。
《NO》

 提供:フィスコ

日経平均