市場ニュース

戻る
2016年03月04日15時26分

【為替】外為サマリー:1ドル113円80銭台に上昇、日経平均の大台回復が手掛かり

 4日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後3時時点で1ドル=113円81銭前後と前日午後5時時点に比べ30銭強のドル安・円高。ユーロは1ユーロ=124円68銭前後と同60銭前後のユーロ高・円安で推移している。
 
 ドル円は午前10時50分ごろに113円20銭台まで軟化する場面もあったが、午後に入って切り返している。日経平均株価が1万7000円の大台を回復したことや、上海総合株価指数が持ち直したことでリスク資産を選好する動きが広がり、朝方につけた113円70銭台の高値を上回った。ただ、今晩に発表される米2月雇用統計の内容を見極めたいとして、一段の上値追いには慎重ムードもある。

 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.0952ドル前後と前日に比べ0.0080ドル前後のユーロ高・ドル安で推移している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均