市場ニュース

戻る
2016年03月04日11時14分

【材料】メガバンク---総じてもみ合い、BNPパリバでは投資判断を格下げ

n 【日足】
多機能チャートへ
n 【日中足】


メガバンクは総じてもみ合い。海外投資家を中心としたショートカバーが主導となって連日の大幅高となっていたが、3社ともに2営業日での上昇率は10%超に達しており、本日は戻り売りニーズも強まる状況に。BNPパリバ証券では、メガバンク3社の投資判断を一斉に格下げしているもよう。一時的なラリーはあるかもしれないが、資金利益の低下を避けられない銀行セクターをあえて持つ必要性は小さいと指摘のようだ。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均