市場ニュース

戻る
2016年03月03日19時30分

【市況】<株式トピックス>=5日線、25日線のGC急接近

 3日の東京株式市場は寄り付きこそ日経平均株価が安く始まったものの、その後は買い優勢となり、後場に入っても勢いは衰えず、ほぼ高値引けとなった。日経平均株価終値は前日比213円61銭高の1万6960円16銭と3日続伸。きょうまでの3日続伸で、日経平均株価は短期間に合計933円の大幅上昇をみせ、心理的フシ目の1万7000円に肉薄してきた。

 日経平均株価は今年初の3日続伸。年明け以降、既に2カ月以上が経過しているにもかかわらず、これまで3日続伸が無かったということは、当然ながら上昇局面が長続きしなかったということだ。ただ、今年の特徴として1日の株価変動が大きいため、2日続伸でも合計の上昇幅が1000円を超えたり、700~800円に達したりしたケースも珍しくなかった。

 株価上昇に伴い日経平均株価の5日移動平均線と、25日移動平均線のゴールデンクロス(GC)が急接近してきた。前回の同GCの達成は、2月4日のわずか1日だけで“かすった感じ”で終わってしまい、幻に近いかたちとなってしまった。今回はクリアにGCを達成して、株価上昇の先行指標となってもらいたいものだ。(冨田康夫)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均