市場ニュース

戻る
2016年03月03日14時11分

【市況】国内調査機関、アナリストコンセンサス下方トレンドが続く、日経平均妥当レンジは1万6100~1万7400円

 TIWでは、国内経済統計は、1月の全国消費者物価指数がコアで前月比変わらず、1月の商業動態統計の小売販売額は季調済前月比マイナス1.1%、1月家計調査の「二人以上世帯の消費支出」は実質前年同期比マイナス3.1%でいずれも厳しい状況と指摘。10~12月の法人企業統計では全産業売上高が前年同期比マイナス2.7%、経常利益はマイナス1.7%、2月の中国製造業PMIは48と12か月連続で50を下回ることなどが企業業績見通しに暗い影を落としているとみて、今後もアナリストコンセンサス予想の下方トレンドが続くと解説。

 現在の日本株は割安としながらも、輸出企業の業績悪化懸念が強いと分析。日経平均妥当レンジは1万6100~1万7350円から1万6100~1万7400円に小幅修正している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均