市場ニュース

戻る
2016年03月03日12時15分

【市況】著名ストラテジスト、日経平均は短期的に1万9000円~2万円の水準に戻る可能性

 中国上海G20を終え、3月相場に入ってから相場の動きが一変した。3月2日の日経平均株価は661円上昇して、2月15日に1069円上昇した以来の大きな値幅を出した。

 著名なストラテジスト、武者リサーチが発行した「中国、石油がリスクオフムードを転換させる時が来た」というリポートでは、中国の財政と金融政策の総動員、石油価格底入れ気配で世界のリスクオフ・ムードを一変させる要素と指摘している。

 日本株に対しては、年初からの株式大暴落によりリーマンショック級の経済危機への恐怖があったが徐々に後退。米国経済リセッションの可能性が低いこと、中国人民元暴落と世界金融危機が回避されることが見えれば、日経平均株価は短期的に1万9000円~2万円に戻る可能性があるのではないかと締めくくっている。
《MK》

株探ニュース

日経平均