市場ニュース

戻る
2016年03月03日08時34分

【市況】今日の日経平均はこうなる~16650-16950円のレンジを想定


2日のNY市場は上昇。前日の大幅上昇を受けて利益確定の売りが先行。週間在庫統計が前週から増加したことで、一時原油相場が下落したことも嫌気された。地区連銀経済報告(ベージュブック)で大半の地区で経済活動が拡大したとの認識が示されると、追加利上げへの警戒感から上値の重い展開となった。しかし、その後原油相場が上昇に転じたほか、2月ADP雇用統計が予想を上振れたことで4日の雇用統計への期待感が高まり、引けにかけて緩やかに上昇に転じている。ダウ平均は34.24ドル高の16899.32、ナスダックは13.83ポイント高の4703.42。シカゴ日経225先物清算値は大阪比40円安の16700円。

シカゴ先物にさや寄せする格好から、利食い先行の展開となろう。もっとも、前日に660円高と大幅に上昇した反動が意識されるため、想定内であろう。昨日の上昇で直近もち合いレンジを上放れ、25日線や基準線を突破した。そのため、今後はこれまでの上値抵抗だった16400-16500円処が支持線として意識されてくる。戻りは価格帯別日経平均で商いの膨れている16900-17100円辺りまでのリバウンドが意識されやすい。ボリンジャーバンドでは中心値(25日)と+1σとのレンジに移行。MACDは切り上がりをみせてきており、2月の戻り高値水準時に接近してきている。それでもマイナス圏であり、まずは戻り高値水準の突破を見極め。その後プラス圏を回復してくるようだと、改めて相場の本格反転が意識されてくることになろう。16650-16950円のレンジを想定する。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均