市場ニュース

戻る
2016年03月03日08時07分

【材料】アイ・ケイ・ケイ---第1四半期営業利益8.6%増、婚礼・介護事業が伸びる

アイケイケイ 【日足】
多機能チャートへ
アイケイケイ 【日中足】


 

アイ・ケイ・ケイ<2198>が2月29日に発表した2016年10月期第1四半期(15年11月-16年1月)決算は、売上高が前年同四半期比9.4%増の40.20億円、営業利益が同8.6%増の4.15億円、経常利益が同6.5%増の4.13億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同11.5%増の2.60億円だった。

セグメント業績では、婚礼事業の売上高が前年同四半期比9.6%増の38.54億円、営業利益が同10.6%増の4.17億円だった。「ララシャンスHIROSHIMA迎賓館」(広島支店)の稼働等によるもの。

介護事業の売上高は同63.7%増の1.03億円、営業利益が0.004億円(前年同四半期は0.12億円の営業損失)と黒字に転じている。唐津店の稼働と、3施設全ての入居状況がほぼ満床になったこと等によるもの。葬儀事業の売上高は同31.9%減の0.63億円、営業損失が0.03億円(前年同四半期は0.16億円の営業利益)となった。

16年10月期通期については、売上高が前期比3.4%増の175.50億円、営業利益が同1.1%増の21.30億円、経常利益が同0.5%増の21.05億円、当期純利益が同12.4%増の12.90億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均