市場ニュース

戻る
2016年03月02日10時20分

【材料】マネパGがストップ高カイ気配、7年ぶり高値圏に突入

マネパG 【日足】
多機能チャートへ
マネパG 【日中足】

 マネーパートナーズグループ<8732>が異彩人気、前日のストップ高に続き、きょうも値幅制限上限の100円高はカイ気配で張り付いている。

 先行する米国に急追するかたちで日本でもフィンテック関連分野を深耕する動きが強まっている。金融庁が法改正を背景に仮想通貨に対し「貨幣」と認定する動きをみせたことで、これが起爆剤となり、ビットコイン関連に市場の視線が再び強まっている。FX大手の同社は昨年、世界的にビットコイン取引所を運営するクラーケンと業務提携を検討することで基本合意していることから関連有力株として投機資金攻勢のターゲットとなった。同社は筆頭株主が大和証券グループ本社<8601>で、楽天証券や米大手ステートストリートバンク&トラストなどが上位株主を占める毛並みの良さもポイントだ。

 株価は直近6日間のうち5日間でストップ高を演じている。既に09年2月以来、約7年ぶりの高値水準に到達。実質的な青空圏で、上値にシコリ玉が乏しいことも上げ足の速さに反映されているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均