市場ニュース

戻る
2016年03月02日09時35分

【材料】トランスGがストップ高カイ、体外診断薬の開発に係る一時金受領

トランスG 【日足】
多機能チャートへ
トランスG 【日中足】

 1日、トランスG <2342> [東証M]がGANPマウス技術による体外診断薬開発に係るマイルストーンを受領したと発表したことが買い材料。

 米アボット社にライセンス供与したGANPマウス技術を用いた肝臓がんマーカーが、体外診断薬として国内と欧州で上市された。これに伴い、同社はマイルストーンを受領。GANPマウスライセンスビジネスにおける体外診断薬の実用化第1号となる。

 発表を受けて、ライセンスビジネスの海外展開による将来的な業績への寄与に期待する買いが殺到した。株価は100円ストップ高の712円買い気配。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均