市場ニュース

戻る
2016年03月01日14時26分

【市況】欧州証券、J‐REIT3月の注目銘柄はオリックスリート、野村マスター、ケネディオフィス、インヴィンシブル

 UBS証券のJ‐REITセクターのリポートでは、国債利回りの低下が進むなか、大きくリスクを取らないまでも一定の分配金利回りを確保したいという思惑が高まると予想。「AA-」以上を保有し、流動性も高く内部・外部成長の可能性があり、分配金利回り3%以上を確保している銘柄に注目が集まるとの見方で、「AA-」以上は保有していなくても、分配金成長の期待感が高い銘柄への注目も高まると解説。

 サブセクターでは、複合>オフィス>ホテル>物流>商業>住宅の順に選好。3月の注目銘柄として、オリックス不動産投資法人<8954>、野村マスターファンド投資法人<3462>、ケネディクス・オフィス投資法人<8972>、インヴィンシブル投資法人<8963>を紹介している。
《MK》

株探ニュース



日経平均