市場ニュース

戻る
2016年03月01日13時59分

【特集】モバファク Research Memo(6):配当方針を変更。連結配当性向30%を目標


■株主還元

モバイルファクトリー<3912>は、昨年10月の2015年12月期第3四半期決算発表時に足元の業績の状況、位置ゲームの成長の手応え等を鑑み、1株当たり期末配当金20円の実施を決定した。2015年12月期決算発表時には、株主に対する利益還元の姿勢をより明確にし、積極的な利益還元を実施するため、連結配当性向30%を目標設定し、配当方針の変更を2016年12月期より適用することを正式に発表した。この結果、2016年12月期については親会社株主に帰属する当期純利益の予想299百万円を前提に、2015年12月期配当金20円のほぼ倍となる39円(連結配当性向30.7%)を実施する計画。

なお、資本効率の向上、及び経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行と株主還元策として1株当たりの価値向上のため、自社株買い(取得株数100千株、取得価額200百万円、実施期間2015年10月23日から2015年12月18日)を2015年10月22日に発表。なお、その実績は、株式市場の動向等の影響により取得株式数60,100株、取得価額の総額116,048千円であった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均