市場ニュース

戻る
2016年03月01日12時41分

【材料】ニチレイが反発、国内大手は17年3月期は電力料金下落を前提に営業利益予想増額

ニチレイ 【日足】
多機能チャートへ
ニチレイ 【日中足】

 ニチレイ<2871>が3日ぶりに反発。後場は一段高となり、現在は今日の高値圏で推移している。

 大和証券はリポートで、同社は冷凍チャーハンを中心に加工食品事業が好調と紹介。17年3月期は、低温物流事業を中心とする電力料金下落の影響がポイントとなるとみて、足もとの原油安を反映し17年3月期の電力料金が前期比1.7円/kWh程度下落する前提で7億円程度(連結ベース)のコスト減を見込み、17年3月期の営業利益予想を227億円(従来207億円)に増額修正している。

 同証券では、投資判断は「3」(中立)を継続、目標株価は700円から900円へ引き上げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均