市場ニュース

戻る
2016年02月29日17時44分

【経済】資金流出規制は市場安定化に寄与するのか?


 報道によると、中国・上海で開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では金融政策だけでなく、全ての政策手段を総合的に用いることで均衡のとれた成長を目指すことが合意された。

 為替については、G20は通貨の競争的切り下げを回避するとの公約をあらためて表明し、為替相場を金融政策の目的としないことも合意された。また、G20は中国を含めた新興国などからの資金流出を規制するための具体的な対策をG20作業部会で検討することも決まった。

 市場参加者の間からは、資金流出を規制することは市場安定化につながる可能性があるとの声が聞かれたが、米国の利上げ継続は新興国だけでなく、世界の金融市場に大きな影響を与える可能性があるため、資金流出を規制しても金融市場の不確実性が確実に低下する保証はないとの見方も出ている。
《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均