市場ニュース

戻る
2016年02月29日11時04分

【材料】マツダが続伸、国内大手証券は新車投入効果で最高利益更新が続くと予想

マツダ 【日足】
多機能チャートへ
マツダ 【日中足】

 マツダ<7261>が続伸。現在は上げ幅を縮小しているものの、プラス圏をキープして推移している。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、17年3月期の「CX‐9」に加え18年3月期も「CX‐4(仮称)」と、SUVの新車投入が続くと予想。16年3月期に導入した「CX‐3」、「ロードスター」も17年3月期はフル寄与が期待できるとみて、「CX‐5」など既存の主力モデルも頻繁な商品改良の実施で販売好調が続くと予想。

 今後も新車投入効果で実質的には最高利益更新が続くとみて、レーティング「オーバーウエイト」を継続。目標株価は3300円から2900円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均