市場ニュース

戻る
2016年02月29日09時04分

【市況】個別銘柄戦略:日産の自社株買い映して自動車株に関心


先週末の米国株が下落も、本日の東京市場では為替の円安を好感する動きが優勢となりそうだ。注目されるのは自動車セクターの動向か、日産が大規模な自社株買いの実施を発表しており、ポジティブに捉えられるとともに、セクター全般にも連想感が働くことにもなっていこう。ただ、トヨタには本日も投資判断格下げの動きが散見はされている。任天堂の業績下方修正には大きなインパクトは限定的か。ゲーム関連で言えば、スマホゲーム各社の課金収入減少が引き続き警戒材料となろう。住友不動産の横浜のマンション建て替え提案などが伝わっており、不動産株や建設株などには買い手控えムードも。ほか、大手証券各社に投資判断格下げの動きが観測されている。テーマでは5G関連などに関心か。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均