市場ニュース

戻る
2016年02月26日08時35分

【市況】今日の日経平均はこうなる~16100-16500円のレンジを想定


【大幅高となる】16100-16500円のレンジを想定=村瀬 智一

25日のNY市場は上昇。欧州株が全面高となったほか、1月耐久財受注が予想を大幅に上振れたことが好感され、買いが先行。その後下げに転じる場面もみられたが、ベネズエラ石油相が主要産油国と3月中旬に会合を持つと発言したことで原油相場が反発し、これを受けて切り返している。ダウ平均は212.30ドル高の16697.29、ナスダックは39.60ポイント高の4582.21。シカゴ先物は大阪比100円高の16230円。

シカゴ先物にさや寄せする格好から買いが先行することになり、直近のもち合いレンジ上限での攻防になりそうである。昨日の上昇で5日線を上回っており、これが支持線として意識されやすい。ボリンジャーバンドでは-1σと中心値(25日)とのレンジ内での推移。一目均衡表では転換線をサポートに基準線の攻防をみせている。基準線は16385円辺りで横ばい推移しており、これが心理的な抵抗となろうが、価格帯別出来高では16000-16300円辺りの出来高が厚い水準をクリアしてくると、17000円近辺までは真空地帯となり、リバウンドが強まる可能性もある。16100-16500円のレンジを想定。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均