市場ニュース

戻る
2016年02月26日08時14分

【為替】今日の為替市場ポイント:ドル・円は113円前後で底堅いか、欧米株高を好感して円売り継続へ


25日のドル・円は、東京市場では111円90銭から112円63銭まで反発。欧米市場でドルは一時113円02銭まで上昇し、112円98銭で取引を終えた。

本日26日のドル・円は113円前後で底堅く推移する見込み。欧米諸国の株高を好感してリスク選好的な円売りは継続する可能性がある。

報道によると、26-27日に上海で開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、世界経済の成長を促進させるための対策について主に議論されるもようだ。各国が財政刺激策を導入することによって需要を創出することができれば、世界経済を持続的な成長軌道に乗せることが期待できるとの声が聞かれている。

ただし、日本を含めて主要国の多くは政府債務の規模が膨らんでいることから、財政出動の余地は小さいとの見方が一般的。国債増発によって長期金利は大幅に上昇するとの懸念は常に存在している。日本やユーロ圏は、中央銀行による大規模な国債購入やマイナス金利の導入などで金利上昇は抑制されているが、需要創出につながる新たな投資は拡大していない。

今回のG20会議は上海で開かれることから、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の存在が再注目されるかもしれない。AIIBを最大限に稼動させることができれば、世界経済の持続的な成長に貢献できることを中国は積極的に主張するのではないか、との声が聞かれている。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均