市場ニュース

戻る
2016年02月24日12時27分

【市況】後場に注目すべき3つのポイント~ソフトバンクグ効果もあって市場のムードは悪くない


24日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・ソフトバンクグ効果もあって市場のムードは悪くない
・ドル・円は111円80銭付近、株安一服も112円近辺で上げ渋る
・KDDI<9433>、Fリテ<9983>、ファナック<6954>で日経平均を約36円押し下げ


■ソフトバンクグ効果もあって市場のムードは悪くない

日経平均は続落。103.74円安の15948.31円(出来高概算10億9000万株)で前場の取引を終えた。23日の米国市場では原油安が嫌気され、NYダウは188ドル安となり、この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比270円安の15830円だった。朝方はこれにさや寄せする格好からのギャップ・ダウンで始まると、その後も為替相場で円高に振れていることも嫌気され、一時300円近く下げる場面をみせた。

ただし、週末にG20を控えていることから売り込みづらいほか、売り先行で始まったソフトバンクグ<9984>が2%を超える上昇となり日経平均を下支え。メガバンクもプラス圏を回復するなか、下げ幅を縮めてきている。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1000を超えており、全体の過半数を占めている。規模別指数は小型株指数のみがプラスだった。

日経平均は16000円を割り込んでの推移となっているが、ソフトバンクグ<9984>がプラス圏を回復し、その後上げ幅を広げてきていることは、投資家のセンチメント改善につながろう。SOSEI<4565>もプラス圏を回復しているほか、マイネット<3928>、ジグソー<3914>など個人主体の売買も活発。Vテク<7717>が7%超の上昇となるなど、有機EL関連が堅調。

また、金融庁が国内で初めて導入する仮想通貨の法規制案が報じられ、仮想通貨を「モノ」から「貨幣の機能」認定と伝えられたことを背景に、「ビットコイン」「ブロックチェーン」「フィンテック」といった物色もみられている。日経平均はこう着ではあるが、ソフトバンクグ効果もあり、市場のムードは悪くないだろう。

(株式部長 村瀬智一)


■ドル・円は111円80銭付近、株安一服も112円近辺で上げ渋る

ドル・円は111円80銭付近で推移。日経平均株価は103円安で午前中の取引を終えた。

株安は一服しつつあるが、クロス円取引に絡んだ円買いが散見されており、この影響でドルは伸び悩んでいる。ここまでは111円76銭から112円13銭で推移。

12時25分時点のドル・円は111円80銭、ユーロ・円は123円25銭、ポンド・円は156円35銭、豪ドル・円は80円17銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・KDDI<9433>、Fリテ<9983>、ファナック<6954>で日経平均を約36円押し下げ
・投資判断引き上げの富士石油<5017>が大幅高、同信越化<4063>も底堅い


☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・14:00 12月景気動向指数・先行改定値(速報値:102.0)

<海外>
・特になし

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均