市場ニュース

戻る
2016年02月24日10時00分

【材料】ホンダ、国内大手証券は米国でフル寄与が始まる新型「シビック」の販売動向等に注目

ホンダ 【日足】
多機能チャートへ
ホンダ 【日中足】

 ホンダ<7267>が4日続落。外為市場でドル・円が一時111円台をつけるなど、自動車株に買いが入りにくい地合いで軒並み安となっている。ただ、ホンダに関しては、SMBC日興証券がリポートをリリースしたことが確認されている。

 同証券は、為替前提見直し等により、業績予想は下方修正しているものの、目標株価は、PBR0.7倍台まで下落した株価水準を考慮して、16年3月期予想BPS1倍水準である3900円を継続、投資評価は「3」(アンダーパフォーム)から「2」(中立)へ格上げしている。

 同証券ではまた、引き続き、株式市場の混迷はリスクであるとしながらも、当面、PBR1倍回復とともに、2月以降、米国でフル寄与が始まる新型「シビック」の販売動向等に注目したいとの見解を示している。
《MK》

株探ニュース



日経平均