市場ニュース

戻る
2016年02月23日10時38分

【材料】日本光電、国内調査機関は割安感はないものの中期的に粗利率の緩やかな向上は可能と解説

日本光電 【日足】
多機能チャートへ
日本光電 【日中足】

 日本光電<6849>が反落。プラススタートとなったものの、買い一巡後は売りが優勢の流れ。現在はマイナス圏での推移となっている。

 TIWでは、国内病院向け需要は緩やかな回復途上と指摘。目先で大きく収益を牽引する材料が見えている訳ではないとしながらも、中期的には消耗品を含む自社製品の販売拡大や海外の伸びにより、粗利率の緩やかな向上は可能と解説。

 現在の株価には指標面からの割安感がないとみて、レーティングは「2」を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均