市場ニュース

戻る
2016年02月23日04時47分

【市況】NY原油:反発で31.48ドル、原油増産凍結に向けた動き進展との思惑で買い


 NY原油は反発(NYMEX原油3月限終値:31.48↑1.84)。31.15ドルから32.05ドルまで上昇した。ロシアのノバク・エネルギー相が20日に、「原油増産凍結に関する協議は3月1日までに終了する見通し」と述べたとされ、産油国間の原油増産凍結に向けた動きが進展するとの思惑から、原油の買いが急速に強まった。



 その後、米ロ声明「シリア停戦は2月27日に開始」を受けてやや上げ渋りか。なお、3月限は22日が最終取引。23日から取引の中心となる4月限の値動きは、高値が33.84ドル、安値が33.18ドル、引けは33.39ドルであった(前日比1.64ドル高)。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均