市場ニュース

戻る
2016年02月22日15時39分

【市況】日経平均は反発、売り先行も円高一服で切り返し16100円台回復/相場概況


日経平均は反発。19日の米国市場では、原油相場の下げが嫌気されNYダウは21ドル安となった。為替相場も1ドル=112円台まで円高に振れたことから、日経平均は115円安でスタートした。ただ、先物に買い戻しが入りプラスに切り返すと、前場に一時16187.40円(前週末比220.23円高)まで上昇した。前引けにかけて上げ渋る場面も見られたが、為替相場がやや円安方向に戻したことや上海総合指数の上昇、時間外取引での原油先物価格の反発などを背景に、後場に入るとおおむね16100円台で堅調に推移した。

大引けの日経平均は前週末比143.88円高の16111.05円となった。東証1部の売買高は20億3748万株、売買代金は2兆581億円だった。業種別では、空運業が4%超の上昇となったほか、水産・農林業、食料品が上昇率上位だった。一方、鉱業が4%超下げたほか、鉄鋼、銀行業が下落率上位だった。

個別では、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>といった値がさ株や、KDDI<9433>、JT<2914>、NTT<9432>などが堅調。ソフトバンクグ<9984>も小幅ながらプラスに切り返した。空運業ではJAL<9201>が5%超の上昇に。また、テーマ株として人気化しているサイバネット<4312>が3日連続のストップ高となったほか、個別材料の観測されたgumi<3903>もストップ高まで上昇して東証1部上昇率上位となった。一方、三井住友<8316>、三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>といったメガバンク株がそろって下落。トヨタ自<7203>、パナソニック<6752>、ソニー<6758>なども軟調。鉱業では国際帝石<1605>が5%近い下げに。また、山陽鋼<5481>、富山銀<8365>、セイコーHD<8050>などが東証1部下落率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均