市場ニュース

戻る
2016年02月22日14時23分

【材料】欧州大手証券、一般消費財セクターのトップピックはライオン、花王とコーセーにも注目

ライオン 【日足】
多機能チャートへ
ライオン 【日中足】

 クレディ・スイス証券の一般消費財セクターのリポートでは、海外メディアの報道などから、今旧正月での中国人旅行者の間で人気だった商品は、化粧品、風邪薬、生理用品、パンスト、コンドーム、爪切り、魔法瓶、電動歯ブラシ、文房具、菓子などと指摘。一連の中国リスクが懸念されるものの、高品質で単価が比較的安い日常品の需要に対する影響は無いと考え、日用品や一部の化粧品などは、越境ECと親和性があるため、インバウンドからアウトバウンドに舵を切りやすいカテゴリーと解説。

 個別では、中国EC戦略も上手く機能している(または機能し始めた)、ライオン<4912>をトップピックに、花王<4452>とコーセー<4922>を選好している。
《MK》

株探ニュース

日経平均