市場ニュース

戻る
2016年02月22日14時00分

【材料】東洋紡が小動き、国内大手証券は17年3月期に7%営業増益を予想

東洋紡 【日足】
多機能チャートへ
東洋紡 【日中足】

 東洋紡<3101>が小動き。現在は前週末終値近辺で推移している。

 野村証券は、同社のフィルム・機能樹脂事業の15年4~12月期営業利益は、フィルム事業において前期に発生した新設備関連費用の減少、原燃料安効果があり、同54%増益となったとリポートで紹介。ただ、産業マテリアル事業はエアバック用基布事業の生産拠点整備投資などで同1%増益、繊維・商事事業は中国向けアクリル繊維の販売不振で同2%増益にとどまったことなどを受け、野村による16年3月期営業利益を微修正。

 同証券ではまた、17年3月期は、フィルム事業の原料安効果の継続、エアバック用基布事業の収益寄与などにより、同7%営業増益を予想。レーティングは「ニュートラル」を継続し、目標株価は200円から180円へ調整している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均