市場ニュース

戻る
2016年02月22日08時12分

【材料】ヘリオス---脳梗塞に対するMultiStem静脈点滴注射の第2相試験の長期成績で良好な結果

ヘリオス 【日足】
多機能チャートへ
ヘリオス 【日中足】


ヘリオス<4593>は18日、脳梗塞に対するMultiStem静脈点滴注射の欧米での第2相試験の1年間の長期成績が、良好な結果であったことを発表。同社は、米国アサーシス社と幹細胞製品MultiStemを用いた脳梗塞に対する細胞治療医薬品の開発・販売等に関する日本国内の独占的ライセンス契約を締結している。

今回の発表では、脳梗塞の改善度を示す3つの代表的指標において、MultiStem点滴静脈投与群が2015年4月に発表された中間解析(投与後90日)時よりもプラセボ群との群間差(治療効果の差)が広がったとしている。また、中間解析時では投与後48時間以内では有意差が出なくて、36時間以内では有意差が出たのですが、1年間の結果では48時間以内でも統計学的有意が得られたもよう。

なお現在の急性期の脳梗塞に関しては、発症後4時間半以降に有効な治療法が無く、多くの患者さんが発症後死亡あるいは重篤な介護が必要な状態に陥る疾患となっている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均