市場ニュース

戻る
2016年02月19日19時08分

【為替】欧州為替:ポンド、ユーロが売り優勢に


欧州時間では、ポンド、ユーロが売り優勢となっている。18時30分に発表された英国の1月の小売売上高は前月比+2.3%で予想を大きく上回る内容となったが、買い材料とはならず、ポンドは売り圧力が強まった。ポンド・円は一時161円05銭まで円高が進行。また、ユーロ・円もつられ125円10銭と一段安となっている。なお、ドル・円は112円90銭台と目立った動きは観測されず。欧州通貨売りの構図となっている。

ここまでの欧州時間の主要通貨のレンジは、ドル・円が112円85銭から113円15銭。ユーロ・円は125円10銭から125円83銭。ユーロ・ドルは1.1077ドルから1.1139ドル。

《MT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均