市場ニュース

戻る
2016年02月19日16時44分

【市況】マザーズ指数は5日続伸、ショーケースやマイネットがストップ高/マザーズ市況


 本日のマザーズ市場は、日経平均の反落に連れて利益確定売りが先行した。ただ、足元のリバウンド局面において出遅れ感のある銘柄に循環物色の流れが向かい、他市場に比べ底堅い展開となった。日経平均が大引けにかけて下げ渋ると、マザーズ主力株でも買い優勢となり、マザーズ指数はプラス転換して本日の取引を終えた。なお、マザーズ指数は5日続伸、25日線を上抜けする形となっている。売買代金は概算で822.02億円。騰落数は、値上がり111銘柄、値下がり97銘柄、変わらず8銘柄となった。
 個別では、SOSEI<4565>が大引けにかけてプラスに転じたほか、ミクシィ<2121>、ジグソー<3914>、インベスターズクラウ<1435>、アンジェス<4563>、サイバダイン<7779>といったマザーズ売買代金上位は全般上昇。ショーケース<3909>、マイネット<3928>、メドレック<4586>はストップ高に。また、MRT<6034>、ベステラ<1433>、UMN<4585>なども10%超の大幅高となった。一方、インフォテリア<3853>、ITBOOK<3742>、Aiming<3911>などが下落。前日決算発表したアマナ<2402>が急落しマザーズ下落率トップとなったほか、ヘリオス<4593>も利益確定売りに押され下げが目立った。
《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均