市場ニュース

戻る
2016年02月18日15時06分

【市況】国内有力証券、配当利回りの高い住友ゴムとNTTドコモに注目

 東海東京調査センターでは、17日時点の25日移動平均線とのカイ離率は、日経平均がマイナス5.59%、独DAX指数がマイナス0.06%、米NYダウがプラス2.04%、と日本株の戻りの鈍さが目立っていると指摘。

 「バリュエーションの割安感が大きい銘柄に注目したい」として、日本の長期金利が低下するなか、配当利回りの高い銘柄を見直す動きが強まると想定。個別では、住友ゴム工業<5110>とNTTドコモ<9437>に注目している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均