市場ニュース

戻る
2016年02月18日12時34分

【経済】金は1ヶ月続いた上昇の後の調整安へ、サンワード貿易の陳氏(三井智映子)


東京金は1月中旬の4,050円台をボトムにしてほぼ一直線的に上昇し、2月15日には4,479円と4500円が視野に入るレベルまで上昇しています。

今後の動きはどうなるのでしょうか。サンワード貿易の陳さんにお聞きしました。

陳さんは2月26日から開催されるG20会合に注目されているようです。

『G20会合では、不安定な世界経済に対するけん制が示され、政策協調が打ち出されることも期待されるため、リスク回避で買われてきた金には利益確定売りが強まるだろう』とのご意見でした。

今週の予想レンジ:4280~4420円だそうです。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の2月17日付のコメントにまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

三井智映子の「気になるレポート」は各種レポートを三井智映子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター三井智映子

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均