市場ニュース

戻る
2016年02月18日12時12分

【為替】東京為替:ドル・円は113円95銭近辺で推移、アジア株高を意識した円売りは拡大せず


ドル・円は113円95銭近辺で推移。日経平均株価は390円高で午前中の取引を終了し、中国本土株も続伸しているが、アジア株高を好感した円売りのフローは少なかった。なお、黒田日銀総裁は午後12時30分から参院財政金融委員会に出席し、日銀半期報告・質疑応答を行う予定となっており、黒田総裁の答弁や発言内容が売買材料になるとみられている。ここまでのドル・円は113円80銭から114円33銭で推移。

ユーロ・ドルは伸び悩み、1.1118ドルから1.1146ドルで推移。

ユーロ・円はもみあい、126円79銭から127円17銭で推移。
■今後のポイント
・日本、中国の株高を意識したドル買いは限定的
・黒田日銀総裁の半期報告・質疑応答内容が手掛かり材料に

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均