市場ニュース

戻る
2016年02月18日10時35分

【材料】LINK&Mが反発、マイナス金利追い風に株価は「陰の極」離脱

LINK&M 【日足】
多機能チャートへ
LINK&M 【日中足】

 リンクアンドモチベーション<2170>に押し目買いが流入し、3日ぶり反発。昨年8月に子会社の会計処理の不備に伴う決算発表延期を契機に株価は大幅な調整を強いられた。15年12月期業績は営業利益段階で前の期比半減と低迷したものの、時価100円近辺は陰の極と見る向きも多い。16年12月期は企業の人材需要拡大を背景に人事コンサルティングが好調で、収益を押し上げる見通し。

 マイナス金利政策による家計への影響が表面化するなかで、企業の配当に対する投資家の注目が高まっている。同社は株主配分に積極的なことで知られ、年間配当利回りが4.7%前後に達していることも買いの手掛かりとなっているもようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均