市場ニュース

戻る
2016年02月18日09時05分

【市況】個別銘柄戦略:原油市況の大幅高受けた資源関連株の行方に注目


原油市況の大幅上昇を背景とした欧米株高を受けて、東京市場にも押し目買いの動きが優勢となっていこう。本日は総合商社なども含めて、資源関連株への関心が高まりそうだ。一方、銀行間の翌日物金利10年ぶりマイナスなどを受けて、銀行株にはマイナス金利の悪影響があらためて警戒視される公算はあろう。とりわけ、ゆうちょ銀行には投資判断格下の動きも観測されている。こうしたなかで、金融関連株が堅調な動きとなれば、株式市場も一段高の展開が見込めよう。昨日の決算発表銘柄ではブリヂストンが注目される。市場予想を下振れる内容ではあったが、配当性向の引き上げなど株主還元策を評価する動きが優勢になる公算も。スマホゲーム事前登録開始の任天堂などの動きにも関心。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均