市場ニュース

戻る
2016年02月17日11時04分

【市況】11時時点の日経平均は前日比30円安、ソフトバンクグは依然として強い値動き


11時時点の日経平均は前日比30.15円安の16024.28円で推移している。10時以降、急速に利益確定の流れが強まっており、10時40分には15953.65円まで下げ幅を拡大させる場面もみられた。しかし、ソフトバンクグ<9984>は依然として強い値動きをみせており、日経平均を下支え。押し目買い意欲は強く、その後は下げ幅を縮めてきている。上海が小安く推移しているほか、円相場がやや円高に振れたことが利食いに向かわせたようだ。

業種別では鉱業が5%超の下落となっているほか、石油石炭、医薬品、保険が冴えない。一方で、情報通信が上昇率トップ。海運、空運、電気機器、機械がしっかり。

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均