市場ニュース

戻る
2016年02月17日10時04分

【材料】OSJBHDは反発、45億円のコミットライン契約が株価刺激

OSJBHD 【日足】
多機能チャートへ
OSJBHD 【日中足】

 OSJBホールディングス<5912>は反発。コンクリート橋梁など大型受注が収益を押し上げているほか工事採算の改善も利益面で寄与している。16年3月期の連結業売上高は従来予想の450億円から480億円(前期比8.3%増)へ、営業利益は18億円から36億円(同2.1倍)へ大幅上方修正しており、株価の水準訂正余地が意識されている。

 また、16日取引終了後に三菱UFJ銀行を主幹事とするシンジケーション方式のコミットメントライン契約を締結したことを発表、これも株価を刺激する格好となっているようだ。契約金額は45億円で契約期間は2月19日から1年間。本契約の締結により、OSJBHDはこの融資枠の範囲内であれば必要な資金を必要な時期に契約金融機関から機動的に調達することが可能となる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均