市場ニュース

戻る
2016年02月16日14時45分

【材料】フロイントが上場来高値目前、全体波乱もどこ吹く風の青空圏飛翔

フロイント 【日足】
多機能チャートへ
フロイント 【日中足】

 フロイント産業<6312>が大幅続伸、2013年5月の株式分割を考慮した実質的な上場来高値2300円を指呼の間にとらえた。2月上旬の全体波乱相場の中にあっても1900円近辺で売り物を吸収、その後は全体相場の戻りに合わせ、躊躇なく上値追いを加速する“鬼足”を披露している。

 国策の後押しを受けるジェネリック医薬品の普及加速が医薬品メーカーの設備投資需要を喚起しており、製薬会社向けに造粒やコーティングを行う装置を展開する同社にとっても書き入れ時となっている。16年2月期は営業利益段階で前期比17%増の13億5000万円と2ケタ増益が予想され、来17年2月期についても化成品部門の製品ミックスの改善効果も寄与して、大幅増益基調が続く見通し。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均